環境構築時のエラーの対処方法まとめ

悪循環のながれ=>環境構築時にエラーが出る。

エラーメッセージで検索する

日本語のサイトに出会う。

そのとおりにやる=> ますますおかしくなる。

傾向と対策

調査するときは、エラーメッセージをグーグル先生に聞くことは大切。

エラーメッセージは丁寧に読みましょう。たくんさんのヒントが隠されています!

もっと大切なことは、いまなぜこのエラーが出ているのか? と考えること!

もしかしたら、そのなぜエラーが出ているのかを調べることのほうが重要度が高い。

エラーメッセージでググっても、たまたまその行だけ、同じエラーで全文を読むと違うことがある。 そのときに、なぜ違うのか?

できるだけ本家のサイトに行く。

例えば

インストールできないエラーの場合。

どうやらnode.jsをインストールしないといけないとする。

この場合、グクって日本語のサイトのブログなどを参考にしてはいけない。

必ず本家のnode.jsのサイトやGitHubに行く。

  • そしたら必ず、インストール方法が記載されている

  • それを丁寧に読み込む、辛抱強さが必要。

  • それともとに戻せるか?というのも大切

よって可能な限り、yum などのパッケージをまとめてインストールしてくれ、もとに戻せるコマンドでインストールする。